エケルンド(英語表記)Ekelund, Vilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エケルンド
Ekelund, Vilhelm

[生]1880.10.14. スコーネ
[没]1949.9.3. サルトショルバーデン
スウェーデンの詩人。初め郷土主義の影響を受け,『春の微風』 Värbris (1900) などの繊細な自然賛歌から出発して,やがて神秘主義へ傾いたが,『酒神賛歌』 Dithyramber i aftonglans (06) を最後に詩作をやめ,箴言 (しんげん) 風の散文に転じた。その作品は難解で,大衆には親しみにくかったが,多くの詩人,小説家に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android