コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エサリッジ エサリッジ Etherege, Sir George

2件 の用語解説(エサリッジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エサリッジ
エサリッジ
Etherege, Sir George

[生]1635頃.バークシャーメードンヘッド
[没]1692. パリ
イギリスの劇作家。若い頃フランスで生活し,モリエールの影響を受けた。処女作『滑稽な復讐』 The Comical Revenge (1664) は韻文悲劇と散文喜劇の混合した作品で,喜劇の部分は風習喜劇の先駆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エサリッジ
えさりっじ
George Etherege
(1635ころ―1691)

イギリスの劇作家。『滑稽(こっけい)な復讐(ふくしゅう)あるいは樽(たる)の中の恋』(1664)によって登場し、続いて『彼女はやる気十分』(1668)、『当世風の男』(1676)を発表、王政復古期喜劇の初期の代表作家となる。作品はすべて社交界の乱れた男女関係を機知に富んだ文体でとらえた喜劇で、とくに、当時の退廃的な詩人ロチェスターを思わせる主人公ドリマントと、えせ才人サー・フォップリング・フラターとが現れる『当世風の男』は有名。外交官としても活動し、トルコ、ババリアなどに赴き、1679年ごろサーの称号を受けたが、ジェームズ2世が革命によって退位すると同時に職を失ってパリへ逃れ、貧窮のうちに没した。[喜志哲雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エサリッジの関連キーワードバークシャーバークシャー種ヨークシャーテリアSTYLESヨークシャーテリア用マークシートシャープルアークシャープシャークショーバークシャー[種]ヨークシャー[種]バークシャー・パン法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone