コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エシュロン Echelon

翻訳|Echelon

デジタル大辞泉の解説

エシュロン(Echelon)

米国を中心に、英国・カナダ・オーストラリアニュージーランドの5か国で共同運営する通信傍受システム。無線、電話、ファクシミリ電子メール、各種データ通信を傍受し、米国NSA国家安全保障局)が一元的にその情報の収集と分析を行っているとされるが、米国政府は公式にはその存在を認めていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エシュロン

echelon。フランス語で階段・階層の意。米国主導による通信傍受網の暗号名で,1947年に米英が組織し,カナダ,オーストラリア,ニュージーランドが加わったとされる。冷戦期は軍事目的のため共産圏を対象にしたが,冷戦後も電話やインターネットなどで交わされる情報の諜報活動を続けている疑いがあるとして,問題視されてきた。EU欧州議会は調査委員会を発足させ,エシュロンの存在は疑いがない,との公式結論を2001年に提出した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

エシュロン【Echelon】

〔「梯隊ていたい」の意〕
アメリカ、イギリスなどが運用しているといわれる通信傍受システム。世界中で通信されている電話・ファックス・電子メールの内容をチェックできる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エシュロンの関連キーワード米国家安全保障局(NSA)マイケル ヘイデンEchelonゾウのオリファックスイギリスアメリカ電子戦スパイ梯隊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エシュロンの関連情報