コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスピリト・サント[州] Espírito Santo

世界大百科事典 第2版の解説

エスピリト・サント[州]【Espírito Santo】

ブラジル南東部の州。面積4万5597km2。人口279万(1995),人口密度44.4人/km2。州都はビトリア大西洋に面し,ほぼ南緯17゜55′と21゜18′との間に位置する。州の西縁にカパラオ山脈Serra do Caparaóが走り,2890mのバンデイラ山があり,国立公園となっている。この山脈を横切って大西洋に流入するドセ川の流域には世界的な鉄鉱石の産地イタビラをはじめ,鉄鉱山が多く,鉄鉱石はビトリアまで鉄道で運ばれて輸出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エスピリト・サント[州]の関連キーワード武帝文宣帝武帝[南朝陳]貴ノ浪貞博キュロス二世キュロス[2世]円仁戸塚村善兵衛アニス油運送取扱人

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android