コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予約 よやくVorvertrag

5件 の用語解説(予約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予約
よやく
Vorvertrag

将来一つの契約 (本契約) を締結すべきことを約束する契約。当事者の一方が,将来希望したときに相手方に本契約を申込んだ場合,相手方は本契約を締結すべき債務を負う。この債務を当事者の双方が負担する予約を双務予約と呼び,一方の当事者のみがこの債務を負担するのは片務予約という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よ‐やく【予約】

[名](スル)
前もって約束すること。また、その約束。「結婚式場を予約する」「予約席」
法律で、将来一定の契約を成立させることを約束する契約。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よやく【予約】

他人が製作中の物を,完成したら買いたいとか,買いたい土地があるが,今は金がないので1年以内に金を用意して必ず買えるようにしたいという場合には,他日売買契約をすべき旨の約束がなされる。このように,将来一定の契約(本契約――この例では売買契約)を締結すべきことをあらかじめ約する契約を,予約という。予約のねらいは,将来締結したいと望む本契約のため,事前に相手方を拘束しておくことにある。予約には,予約上の権利者が本契約を成立させようとする場合に,(1)相手方が承諾の義務を負うものと,承諾なしにただちに本契約が成立するもの(すなわち,予約完結権を認めるもの)との2種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よやく【予約】

( 名 ) スル
前もって約束しておくこと。また、その約束。 「席を-する」 「 -をとる」 「 -金」
〘法〙 将来一定の契約を締結することをあらかじめ約束する契約。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予約
よやく

日常用語としては、予約購読ホテルの予約、建築中の住宅の購入予約などと多義的に用いられるが、法律用語としての予約は、将来本契約を締結することを約する契約をいう(本来の予約という)。当事者は本契約を締結する債務を負うが、相手方が本契約の締結に応じないときは、訴えを提起して勝訴判決を得なければならない。しかしこれは実用的でないので、民法は売買の予約につき「売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる」と規定した(556条1項―売買の一方の予約)。売買の一方の予約は当事者の一方に予約完結権があり、予約完結の意思表示をすると、相手方の承諾を待たずに本契約たる売買契約が成立する。双方に予約完結権がある場合には、売買双方の予約という。
 ある不動産について売買の予約がなされても、売買の本契約は成立していないので所有権の移転登記はできないが、予約完結権を仮登記して権利を保全しておくことができる。また予約完結権は譲渡することができる。譲渡は債権譲渡の方法(民法467条)によるが、仮登記された予約完結権の譲渡は仮登記移転の付記登記をすれば足りる。仮登記された予約完結権は、債権担保の機能をもち、仮登記を用いた債権担保については、1978年(昭和53)に成立した「仮登記担保契約に関する法律」が適用される。[伊藤高義]
『内田貴著『民法 第2版 債権各論』(2007・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

予約の関連情報