コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾヨツメ tau emperor

世界大百科事典 第2版の解説

エゾヨツメ【tau emperor】

鱗翅目ヤママユガ科の昆虫(イラスト)。日本産のこの科のガとしてはもっとも小型で,開張も雄は6cm内外,雌は9cm内外。前翅中央には黒紋があって,その中に〈く〉の字形の白紋があり,後翅にはこれより大きな黒環があり,その中は青色,中央に錨形の白紋がある。エゾヨツメという和名は,最初に北海道で発見されたのでその古称のエゾに,4個の大きな眼状紋を結びつけたものである。成虫は春に出現し,灯火に飛来するが,他のヤママユガと違って,日没後すぐに飛来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾヨツメ
えぞよつめ / 蝦夷四ツ目
[学]Aglia tau

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。はねの開張は雄60ミリメートル、雌は100ミリメートル内外で、この科の種類のなかでは小形。ヨーロッパから日本までユーラシアに広く分布し、北海道産はjaponica、本州、四国、九州産はmicrotauという亜種に分類されている。はねは赤褐色で、前ばねには小さな、後ろばねには大きな紫色の眼状紋があり、その中央に白紋をもつ。一般に雌のほうが淡色で、触角が雄のように羽状でないので、大きさとともに区別は容易である。成虫は春だけ出現し、ほかのヤママユガと異なり、日没後すぐに灯火に飛来する。標高の高い山地では初夏に成虫が出る。幼虫はカバノキ、ハンノキ、ブナ、クリ、コナラ、カシワなど種々の樹木の葉を食べる。春に孵化(ふか)し、初夏に蛹(さなぎ)となって、そのまま越冬する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エゾヨツメの関連キーワード攻撃行動井上