コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチェベリア憲章 エチェベリアけんしょう

1件 の用語解説(エチェベリア憲章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチェベリア憲章
エチェベリアけんしょう

正式名を「諸国家の経済的権利・義務に関する憲章」 Charter of Economic Rights and Duties of States ;CERDSという。 1972年4~5月の第3回国連貿易開発会議総会でメキシコの L.エチェベリア大統領により提案され (決議 45として採択,先進国は棄権) ,その後の討議を経て 74年 12月の国連総会で採択 (賛成 120,反対6,棄権 10) された憲章。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチェベリア憲章の関連キーワード国家公務員法市民的及び政治的権利に関する国際規約国際人権章典社会権規約SELA経済力食料経済学簡易生命保険法海戦ノ場合ニ於ケル中立国ノ権利義務ニ関スル条約経済的,社会的及び文化的権利に関する国際規約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone