コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア=ソマリア国境紛争 エチオピア=ソマリアこっきょうふんそうEthiopia-Somaliland Frontier Dispute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア=ソマリア国境紛争
エチオピア=ソマリアこっきょうふんそう
Ethiopia-Somaliland Frontier Dispute

1897年,イギリスはエチオピアと条約を結び,エチオピアとイギリス領ソマリランドの国境線,および両国にまたがって居住するソマリ族の放牧権を設定した。しかし 1960年にソマリランドが独立してソマリアとなると,エチオピアは放牧権の無効を宣言した。これに対してソマリアは 1897年条約が確定した国境線の廃棄を主張し,国境紛争が発生した。特定の領域に対して課せられた負担,つまり属地的義務は,領域の移転 (この場合は新国家の成立) とともに承継されるとする学説が有力であるが,本件ではその承継性が否定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エチオピア=ソマリア国境紛争の関連キーワード汎ソマリ主義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android