コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチレン・プロピレンゴム ethylene‐propylene rubber

1件 の用語解説(エチレン・プロピレンゴムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エチレン・プロピレンゴム【ethylene‐propylene rubber】

略称EPRエチレンプロピレンの共重合系合成ゴム。エチレンとプロピレンの共重合ゴムをEPM,これに第三成分としてジエンモノマーを加え三元共重合体としたゴムをEPDMとよび,現在は後者が主流である。EPM,EPDMをまとめてエチレン・プロピレンゴムとよぶことが多い。EPRはバナジウム化合物と有機アルミニウム化合物を組み合わせチーグラー触媒を含む炭化水素溶媒中にエチレンとプロピレンの混合ガスを吹き込んで共重合させることによって得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エチレン・プロピレンゴムの関連キーワード拡大生産者責任EPR思考実験原子力ルネサンス原発メーカー量子テレポーテーションEPRの逆説ベルの不等式ESR拡大生産者責任

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エチレン・プロピレンゴムの関連情報