エチレン・プロピレンゴム(英語表記)ethylene‐propylene rubber

世界大百科事典 第2版の解説

エチレン・プロピレンゴム【ethylene‐propylene rubber】

略称EPRエチレンプロピレン共重合合成ゴム。エチレンとプロピレンの共重合ゴムをEPM,これに第三成分としてジエンモノマーを加え三元共重合体としたゴムをEPDMとよび,現在は後者が主流である。EPM,EPDMをまとめてエチレン・プロピレンゴムとよぶことが多い。EPRはバナジウム化合物と有機アルミニウム化合物を組み合わせたチーグラー触媒を含む炭化水素溶媒中にエチレンとプロピレンの混合ガスを吹き込んで共重合させることによって得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android