コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッカート エッカートEckert, J. Presper, Jr.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッカート
Eckert, J. Presper, Jr.

[生]1919.4.9. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1995.6.3. ペンシルバニア,ブリンマー
アメリカ合衆国の技術者。世界初の汎用コンピュータの共同発明者。フルネーム John Presper Eckert,Jr.。ペンシルバニア大学ムーア校電気工学科で学び,1941年学士号,1943年修士号取得。教授のジョン・W.モークリーとともに計算機器に重要な改良を施した。 1946年,2人は政府の依頼で,ENIAC; Electronic Numerical Integrator and Computerと呼ばれるデジタルコンピュータを開発。 ENIACには原始的ながら,今日の高速デジタルコンピュータに使われるほぼすべての回路が組み込まれていた。このコンピュータは,陸軍が弾道計算に使用した。 1948年,エッカートとモークリーはコンピュータ製造会社を設立,翌 1949年,パンチカードに代えて磁気テープに情報を記録する二進法計算機 BINAC; Binary Automatic Computerを開発した。3号機 UNIVAC I; Universal Automatic Computerは,商用データ処理用のコンピュータとして商業界で多くの用途に供され,コンピュータブームのさきがけとなったといわれる。 1948~66年の間に,エッカートはおもに電子分野の発明で 85の特許を取得した。 1967年,アメリカ工学アカデミー会員に選出され,1969年にはアメリカ科学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

エッカート【John Prosper Eckert】

1919~1995) アメリカの電気技術者。1946年、モークリー(J. W. Mauchly)とともに真空管式の最初の電子計算機 ENIAC を開発。後には、最初の民生用コンピューター UNIVAC など、現在のコンピューターのもとになる電子式デジタル計算機の開発に携わった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エッカートの関連キーワードホッパー(Grace Murray Hopper)ジョン・プレスパー・エッカートエレクトロニクス史(年表)ジョン・P. エッカートコンピュータ史(年表)エリン・ブロコビッチジョン モークリージョン・モークリーブラック・ダリア二十五か条綱領トゥーレ協会ペイチェック電子計算機デュロン数エニアックヤーノシュ4月9日ナチス渡辺貞

エッカートの関連情報