コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッツ エッツ Ets, Marie Hall

2件 の用語解説(エッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッツ
エッツ
Ets, Marie Hall

[生]1893.12.16. ウィスコンシンノースグリーンフィールド
[没]1984
アメリカの女性絵本作家。美術学校卒業後結婚したが夫を急病で失い,社会福祉事業に打ち込んだが健康を害して絵本を描き始める。医学者ハロルド・エッツ博士と再婚。代表作『もりのなか』 In the Forest (1944) は「ぼく」という一人称,『わたしとあそんで』 Play With Me (1955) は「わたし」という一人称でそれぞれ書かれ,ともに自然との触れ合いのなかで幼い愛が芽生えていく様子を描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッツ
えっつ
Marie Hall Ets
(1895―1984)

アメリカの絵本作家。ウィスコンシン州生まれる。幼いときから絵が好きで、ニューヨークおよびシカゴで美術を学ぶ。1918年結婚したが、翌年夫と死別。その後、社会学を学び、社会福祉活動に従事。29年医者エッツと再婚。35年から創作活動に入る。ウィスコンシンの森や湖で小さな生き物を見て過ごした夏が、幼いころのいちばん幸せな思い出だと自ら語るエッツの、『もりのなか』(1944)、『わたしとあそんで』(1955)などの作品は、子供にも大人にも喜びと安らぎをもたらす美しい真実の世界である。『セシのポサダの日』(1959・共作)でコールデコット賞を受賞。[松野正子]
『間崎ルリ子訳『もりのなか』(1963・福音館書店) ▽A・ラバスティダ作、エッツ画、田辺五十鈴訳『クリスマスまであと九日――セシのポサダの日』(1974・冨山房) ▽与田準一訳『わたしとあそんで』(1983・福音館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エッツの関連キーワードウィスコンシン氷期ウィスワ川スコッチウィスコンシンウィスピーウィスカーズ&パウズサンピースウィスキースコッチウィスキー-ヘリテージセンターアイリッシュウィスキーウィスコンシン[州]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エッツの関連情報