コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エティンガー Friedrich Christoph Oetinger

世界大百科事典 第2版の解説

エティンガー【Friedrich Christoph Oetinger】

1702‐82
ドイツ,シュワーベンの敬虔主義者。神学オリエントの言語,哲学,数学,医学,化学など諸学を広く学ぶ。哲学の唯物論と観念論への分裂を,カバラ,錬金術,ベーメヘルモントの自然神秘思想の伝統につながることにより克服しようとした。目には見えない霊的なものの現れとしての〈生命〉〈体〉〈感覚的なもの〉を神学の中心とする。〈生命〉を電気的なものと考え,自然科学の認識と神学を結びつけた。自然科学と宗教を一つにする〈普遍的学問〉による黄金時代の再来を願う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエティンガーの言及

【敬虔主義】より

…ハレで学んだツィンツェンドルフはのちにヘルンフート兄弟団を設立し,ハレ派の意志強調に対抗して感情重視の立場を尊重した。ビュルテンベルクには独自の民衆的敬虔主義が展開し,古典的な敬虔主義的聖書解釈者ベンゲルJohann Albrecht Bengel(1687‐1752),特異な体系的思想家エティンガー等が輩出する。敬虔主義は,歴史的進歩への信頼,経験の尊重,教育の重視,自由な個人の強調などにおいて時代精神と結びつき,カントに見られるように,啓蒙主義への橋渡し的役割をはたした。…

※「エティンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エティンガーの関連キーワードドイツ神秘主義聖書主義神智学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android