エディター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エディター

編集用アプリケーションプログラムの総称。文字データを扱うことからワープロ・ソフトと似ているが、主にプログラムを作成するためにつくられたもの。単にエディターという場合、文字情報の編集を目的とするテキストエディターを指す。ワープロ・ソフトに比べて規模が小さく、市販ソフトのほか、インターネットで配布されているオンラインウェアも多い。テキストエディターのほか、画像を編集するグラフィックエディター、音楽を作成する音楽エディター、HTMLCGIを作成するためのHTMLエディターなど、さまざまな種類のエディターがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エディター(editor)

雑誌・書籍などの編集者。
映画フィルムの編集者。
コンピューターで、文章やソースコードなどを書くときに使われる、文字データの作成・編集用ソフト。テキストエディター。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エディター

〘名〙 (editor)
① (新聞・雑誌・書籍の)編集者。編集人。〔新しき用語の泉(1921)〕
② 新聞記者。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「山村は〈略〉東都新報とかいふニウス(しんぶん)のヱヂトル(記者)に傭(やと)はれるとかいふはなしだ」
③ 映画のフィルムや録音テープの編集をする機械、または編集者。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報