コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディター エディター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エディター

編集用アプリケーションプログラムの総称。文字データを扱うことからワープロ・ソフトと似ているが、主にプログラムを作成するためにつくられたもの。単にエディターという場合、文字情報の編集を目的とするテキストエディターを指す。ワープロ・ソフトに比べて規模が小さく、市販ソフトのほか、インターネットで配布されているオンラインウェアも多い。テキストエディターのほか、画像を編集するグラフィックエディター、音楽を作成する音楽エディター、HTMLやCGIを作成するためのHTMLエディターなど、さまざまな種類のエディターがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エディター(editor)

雑誌・書籍などの編集者。
映画フィルムの編集者。
コンピューターで、文章やソースコードなどを書くときに使われる、文字データの作成・編集用ソフト。テキストエディター。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エディター【editor】

「テキストエディター」の略。◇「エディタ」ともいう。⇒テキストエディター

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

エディター【editor】

新聞・雑誌・書籍の編集者。編集人。
撮影された映画フィルムを、コンテによって整理・編集する技術者。また、その時に使われる機械。
コンピューターで、ソース-プログラムや文章などのファイルを修正・編集するためのプログラム。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エディターの関連キーワードIntegrated Development EnvironmentMacromedia DreamweaverAdobe Illustratorsyntax highlightスミス(Kiki Smith)OpenOffice.orgソフトウェア開発支援ツールプログラマーズワークベンチアウトラインプロセッサー調査報道記者・編集者協会エディット [edit]リチャード・ストールマンホームページ作成ソフトニューヨーク・タイムズデービッド ウェッセルグレース コディントンダイアログエディタースティーブン ボチコスクリーンエディターVisual C++

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エディターの関連情報