エビスダイ(英語表記)Ostichthys japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビスダイ
Ostichthys japonicus

キンメダイ目イットウダイ科の海水魚。別名グソクダイ。全長約 40cm。体は側扁し,体高が高い。体全体が橙色。鱗は大きく,表面に小さなとげがある。食用にして美味。本州中部以南,オーストラリアまで分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビスダイ
えびすだい / 恵美須鯛
Japanese squirrelfishJapanese soldierfish
[学]Ostichthys japonicus

硬骨魚綱キンメダイ目イットウダイ科に属する海水魚。青森県以南の太平洋沿岸と日本海沿岸、小笠原諸島(おがさわらしょとう)、九州・パラオ海嶺(かいれい)、東シナ海沿岸、オーストラリア北西岸・南東岸、アンダマン諸島に広く分布する。体は側扁(そくへん)したタイ形で、硬くて大きく、粗雑な鱗(うろこ)で覆われる。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の下端に強い1棘(きょく)がないこと、臀(しり)びれは10本以上あることでアカマツカサ亜科に属し、イットウダイ亜科と区別できる。鰓蓋の上部に大きい1棘がある。背びれ棘が12本で、鱗の表面が粗い。背びれ棘部の中央部と側線の間の鱗は3.5枚。全体に鮮やかな赤色で、体長45センチメートルに達する。鱗が強固であるためグソクダイまたはヨロイダイ、体色が赤いためキントキなどの別名がある。成魚は90~194メートルの岩盤域にすみ、延縄(はえなわ)などで漁獲される。未成魚は機船底引網にも入る。南日本ではかなりの漁獲量があり、美味とされる。鱗は焼いたり煮たりしたあとに取り除く。見栄えがよいため、結婚の結納(ゆいのう)や披露宴(ひろうえん)の料理にも用いられる。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエビスダイの言及

【グソクダイ(具足鯛)】より

…鹿児島ではヨロイダイというが,グソクダイの名とともに,とげのあるえらぶたやうろこのいかつい感じと赤糸おどしの鎧を思わせる体色からつけられたものであろう。また,東京,大阪でキントキ,鹿児島でアカメ,三崎,鳥羽でエビスダイなどの地方名もある。全長45cm。…

【ヒレコダイ】より

…南方系で,南日本,東シナ海,台湾,東インド諸島などに分布している。東京でチコ,京都,大阪でヒレチコまたはエビスダイと呼ぶ。体型は他のタイ類とよく似ているが,本種は背びれの第3,4棘(きよく)のみが糸状に長く延長する。…

※「エビスダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android