コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフライム エフライム Ephraim

2件 の用語解説(エフライムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフライム
エフライム
Ephraim

イスラエルの族長ヤコブの子ヨセフエジプトでもうけた子 (創世記 41・48~52) 。その子孫はエフライム部族を形成し,イスラエル 12支族中最大の氏族となった。領地はパレスチナ中央,ヨルダン川以西の肥沃な地方で,中心はシケム

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エフライム【Ephraim】

パレスティナ中央の丘陵地帯。原義〈肥沃な地〉が示すとおり,豊かな山林地帯で,今日もオリーブその他の果樹が多く生育し,南に伸びるユダ丘陵に比べるとはるかに緑が豊富である。古いイスラエルの伝承によれば,ヤコブの11番目の息子でエジプトの宰相となったヨセフと,エジプトのオンの祭司ポテペラの娘との間に生まれた息子のひとりがエフライムと名づけられた。彼を祖とする部族は,イスラエル部族連合の中でもユダと並んでとくに重要な立場にあり,地名はその子孫がこの地方に移住定着したことに由来すると思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエフライムの言及

【イスラエル王国】より

…この政策に対する不満が直接の原因となって,ソロモンが死ぬと北方諸部族はダビデ家に背き,北イスラエル王国を建てた。 前928年ころ北イスラエル王国初代の王に選ばれたエフライム族出身のヤラベアム1世は,ダビデ家が支配するエルサレムの神殿に対抗して,ベテルとダンに王国の神殿を建立した。彼がこの両神殿に置いた金の子牛は,本来ヤハウェの足台であったと考えられるが,エルサレム神殿の立場をとる聖書記者は,これを偶像礼拝であるときめつけて非難した。…

※「エフライム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エフライムの関連キーワードダルウィーシュパレスティナ解放機構パレスティナ戦争パレスティナ分割決議カナ(パレスティナ)パレスティナ解放人民戦線パレスティナ考古学パレスティナ人パレスティナ・タルムードパレスティナ民族解放運動

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エフライムの関連情報