コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフライム Ephraim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフライム
Ephraim

イスラエルの族長ヤコブの子ヨセフエジプトでもうけた子 (創世記 41・48~52) 。その子孫はエフライム部族を形成し,イスラエル 12支族中最大の氏族となった。領地はパレスチナ中央,ヨルダン川以西の肥沃な地方で,中心はシケム。エフライムの名の起源は,ヨセフがその息子を名づける際「豊かなる」というヘブライ語からとったといわれる (創世記 41・52) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エフライム【Ephraim】

パレスティナ中央の丘陵地帯。原義〈肥沃な地〉が示すとおり,豊かな山林地帯で,今日もオリーブその他の果樹が多く生育し,南に伸びるユダ丘陵に比べるとはるかに緑が豊富である。古いイスラエルの伝承によれば,ヤコブの11番目の息子でエジプトの宰相となったヨセフと,エジプトのオンの祭司ポテペラの娘との間に生まれた息子のひとりがエフライムと名づけられた。彼を祖とする部族は,イスラエル部族連合の中でもユダと並んでとくに重要な立場にあり,地名はその子孫がこの地方に移住定着したことに由来すると思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエフライムの言及

【イスラエル王国】より

…この政策に対する不満が直接の原因となって,ソロモンが死ぬと北方諸部族はダビデ家に背き,北イスラエル王国を建てた。 前928年ころ北イスラエル王国初代の王に選ばれたエフライム族出身のヤラベアム1世は,ダビデ家が支配するエルサレムの神殿に対抗して,ベテルとダンに王国の神殿を建立した。彼がこの両神殿に置いた金の子牛は,本来ヤハウェの足台であったと考えられるが,エルサレム神殿の立場をとる聖書記者は,これを偶像礼拝であるときめつけて非難した。…

※「エフライム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エフライムの関連キーワードヤーン(Hans Henny Jahnn)ヨセフ(イエスの弟子)ハンス・ヘニー ヤーンイスラエルの12支族アンデルシュ5月16日日本国際賞アブサロム合いことばヨシュアサムエルマナセヤーンデボラアハズゼエブ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android