エブリコ(英語表記)Fomitopsis officinalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブリコ
Fomitopsis officinalis

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。モミカラマツの立ち木に寄生し,の褐色腐れを起す。古来このキノコは薬用として著名である。傘は柄を欠き,蹄形または鐘形で,木化して硬く,材に側生する。多年生で,大きなものは高さ 15cmに及ぶ。表面は白いが,のちに淡黄褐色のしみのような変色が起る。初めはなめらかであるが,年をとると浅い横溝を生じ,また縦横亀裂を生じる。下面に孔が密生するが,この管孔は 1cmほどあり層をなして年々新生する。傘の実質は白く表面よりは軟らかい。これは著しい苦みをもっているが,その物質の粘膜などに対する収斂作用を健胃剤などとして利用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エブリコ
えぶりこ
[学]Laricifomes officinalis (Fries.) Kotlaba. et Douzar.

担子菌類、サルノコシカケ目サルノコシカケ科のキノコ。針葉樹とくにカラマツの老木の幹に生え、多年生。全体は鐘形で、高さ15センチメートル以上になる。肉は白色で、堅いがもろく、苦味がある。年々下側に管孔(くだあな)の層をつくって成長する。北半球に広く分布し、日本では亜高山帯でとれる。主成分はアガリシン酸で、結核の制汗剤として薬局方に載せられたことがある。民間ではかぜ、腹痛などの特効薬として珍重するが毒性があるので注意が必要。エブリコのほかトオボシの名があるが、いずれもアイヌ語に由来する。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android