コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブリコ エブリコ Fomitopsis officinalis

2件 の用語解説(エブリコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブリコ
エブリコ
Fomitopsis officinalis

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。モミ,カラマツの立ち木に寄生し,材の褐色腐れを起す。古来このキノコは薬用として著名である。傘は柄を欠き,蹄形または鐘形で,木化して硬く,材に側生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エブリコ
えぶりこ
[学]Laricifomes officinalis (Fries.) Kotlaba. et Douzar.

担子菌類、サルノコシカケ目サルノコシカケ科のキノコ。針葉樹とくにカラマツの老木の幹に生え、多年生。全体は鐘形で、高さ15センチメートル以上になる。肉は白色で、堅いがもろく、苦味がある。年々下側に管孔(くだあな)の層をつくって成長する。北半球に広く分布し、日本では亜高山帯でとれる。主成分はアガリシン酸で、結核の制汗剤として薬局方に載せられたことがある。民間ではかぜ、腹痛などの特効薬として珍重するが毒性があるので注意が必要。エブリコのほかトオボシの名があるが、いずれもアイヌ語に由来する。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エブリコの関連キーワードハリタケ(針茸)えぶりこ猿の腰掛猪苓茯苓針茸シメジホウキタケアンズタケ(杏茸)サルノコシカケ(猿腰掛)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エブリコの関連情報