コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エポキシド epoxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エポキシド
epoxide

酸素原子が同一分子内で2個の炭素原子と環状に結合しているエーテル。一般式は O[-CRH(CH2)nCR'H-] 。 n が0,1,2,3のものはそれぞれ,1,2-エポキシド,1,3-エポキシド,1,4-エポキシド,1,5-エポキシドと呼ばれる。また,R と R' が水素原子で,n が0,1,2,3のものはそれぞれ,エチレンオキシド,トリメチレンオキシド,テトラヒドロフラン,テトラヒドロピランと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

エポキシド

 エチレンオキシドあるいは下図のオキシラン環を有する化合物の総称.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エポキシド
えぽきしど
epoxide

分子内にエポキシ基をもつ化合物の総称。エポキシ化合物、オキシランともいう。エポキシ基は炭素2個と酸素1個からなる3員環の基である。エポキシドは通常二重結合に酸素を付加させてつくる。そのほかに、ハロヒドリンにアルカリを作用させて環化させる方法によっても合成できる。この種の化合物の代表はエチレンオキシドである。エポキシドは反応性が大きく、合成中間体としての用途が広い。エポキシドの高い反応性を利用して、分子内に2個以上のエポキシ基をもつ化合物を重縮合させてつくるのがエポキシ樹脂であり、接着剤などに用いられている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエポキシドの言及

【エポキシ化】より

…C=C二重結合に対し,適当な酸化剤を作用させてオキシラン(エポキシド)を合成する反応をいう(式(1))。一般に,アルケンの場合,塩化メチレン,ベンゼンなどの不活性溶媒中で,m‐クロロ過安息香酸,過酢酸などの有機過酸を酸化剤として用いる(式(2))。…

※「エポキシド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エポキシドの関連キーワードアントキサンチン過酸化ベンゾイルシアノヒドリンキサントフィル複素環式化合物シアンヒドリンベンゾピレンエポキシ化過安息香酸スチレンアルケン塗料

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android