付加環化(読み)ふかかんか(英語表記)cycloaddition

世界大百科事典 第2版の解説

ふかかんか【付加環化 cycloaddition】

不飽和結合に対する一種の付加反応であるが,生成物が環式化合物となる場合をいう。たとえば,エチレンは光をあてると式(1)のように2分子が反応してシクロブタンを与える。このような反応は多数知られており,環式化合物を合成する重要な反応である。付加環化はジエンとアルケン,ケトンなどの不飽和化合物との間でも起こり,加熱条件下で6員環生成物を与える(式(2))。このような反応のうちC=C結合が関与する場合には発見者の名前にちなんで,ディールス=アルダー反応(またはジエン合成)と呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android