コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムデン海淵 エムデンかいえんEmden Deep

4件 の用語解説(エムデン海淵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムデン海淵
エムデンかいえん
Emden Deep

フィリピン諸島の東側に連なるフィリピン海溝の中で,ミンダナオ島の東の沖合い約 80kmに位置する海淵。 1927年ドイツ巡洋艦エムデン』号が北緯9°41′,東経 126°51′の地点で音響測深の結果発見し命名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エムデン海淵【エムデンかいえん】

フィリピン海溝中の深所。1927年ドイツ軍艦エムデンEmden号が発見,北緯9°42.1′,東経126°52.1′で深さ1万400m。1930年オランダのスネリウス号が1万130mを測定し1万m以深であることを再確認,長く世界最深所として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エムデン海淵
えむでんかいえん
Emden Deep

フィリピン海溝の中部、北緯9度42.1分、東経126度52.1分にある海淵。深度1万0400メートル。1927年4月、ドイツのエムデン号上の可聴音波による測深で発見した。30年オランダの海洋観測船スネリウス号がほぼ同一地点で1万0130メートルの測深値を得ていることからもその存在が確認された。51年にマリアナ海溝中のチャレンジャー海淵(1万0863メートル、その後の調査で1993年に世界最深の1万0920メートルと確定)が発見されるまで、長く世界の最深地点として知られていた。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone