コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響測深 オンキョウソクシン

デジタル大辞泉の解説

おんきょう‐そくしん〔オンキヤウ‐〕【音響測深】

超音波を発信し、水底からの反射音を受信し、その時間を測定して深度を知る方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

音響測深【おんきょうそくしん】

音波を利用し水深を測定する方法。音響測深機は10〜200kHzの超音波を垂直に放射し,発信から受信までの所要時間を測定し,これに仮定音速を乗じて水深に換算する装置。
→関連項目測深機超音波マルチ・ナロービーム音響測深機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おんきょうそくしん【音響測深】

発射した音波の反響を受信して、海底の深さなどを測定すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の音響測深の言及

【DSL】より

…deep scattering layer(s)の略で,深海散乱層あるいは深海音波散乱層と訳す。1930年代より音響測深器が使用され始めたが,音波が実際の海底より浅い数百m付近の層から反射して記録紙に記録されることがあり,偽海底,偽底像,幽霊海底などと呼ばれた。深海で音波を散乱するという意味で,この層はDSL(DSL’s)と呼ばれる。…

※「音響測深」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

音響測深の関連キーワードインバーテッドエコーサウンダーR.A. フェセンデンリモート・センシングマルチビーム測深機測量船(船舶)深海音波散乱層プランクトンバチスカーフエムデン海淵トンガ海溝航路障害物音響測深法海洋観測船魚群探知機音響測深儀海洋観測深浅測量ソーナーかいよう航海計器

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音響測深の関連情報