コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラコ Pseudopotamilla occelata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラコ
Pseudopotamilla occelata

環形動物門多毛綱定在目ケヤリ科。体長 10cm内外,体節数約 120。体は黄褐色で,頭端には房状冠があり,これを開いて餌をとったり呼吸したりする。砂粒をつけたの中にすむが,これらの管はたくさん集って束になり,岩のすきまなどに群生する。管の入口付近にニンギョウヒドラが多数着生しており,普通エラコにさわってかぶれるというのは,このニンギョウヒドラの刺胞に刺されて赤くはれることである。カワカムリ,マテとも呼ばれ,コダイ,カレイ,その他の磯魚の釣餌として用いられる。本州中部以北に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エラコ

多毛類ケヤリ科の環形動物。体長8cm内外。体は細かい砂粒をつけた管の中にはいっている。体は黄褐色で,頭部にある褐紫色の鰓(えら)を動かして呼吸したり,餌を捕らえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エラコ【Pseudopotamilla occelata】

多毛綱ケヤリ科の環形動物。俗にカワカムリ,マテという。北海道から東北地方に分布し,干潮線付近の岩盤の隙間などに多くの管がひと塊になって群生している。虫体は長さ6~10cmで,体節数110~140。頭端には45~50本の鰓糸(さいし)が房状に並んだ鰓冠があり,管の入口より水中に広げて呼吸したり,微小な餌をとらえて食べる。体色は黄褐色で小さい斑点がある。管は薄い膜の表面に細かい砂粒をぎっしりつけていて硬いが,体を棲管(せいかん)の中に引き込むと先端部は内側に巻き込まれてしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラコ
えらこ / 鰓蚕
[学]Pseudopotamilla occelata

環形動物門多毛綱定在目ケヤリ科に属する海産動物。カワカムリ、マテなどの地方名がある。北日本に分布し、海岸の岩の間に多数の管が一かたまりになって群生する。管は薄くてじょうぶな膜で、表面に細かい砂粒をつけている。虫体の体長は10センチメートル内外で、頭部には45~50本の鰓糸(さいし)からなる房状の鰓冠(さいかん)があり、これを管の入口から出して花のように開き、呼吸したり餌(えさ)をとっている。おのおのの鰓糸には5~6個の眼点が一列に並んでいる。体は筋肉質がよく発達しており、釣りの餌に用いられる。また、岩手県の沿岸ではなまのまま食べる人があり、また塩辛が市販されている。エラコの管の入口付近には、体長1ミリメートルほどの腔腸(こうちょう)動物のニンギョウヒドラが多数群生しており、これに触れると赤くはれる。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エラコの関連キーワードヒエラコンポリスバダーリ文化ゲルゼー文化パレットナルメルペピ1世メネス多毛類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android