コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エランス Hellens, Franz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エランス
Hellens, Franz

[生]1881.9.8. ブリュッセル
[没]1972.1.20. ブリュッセル
ベルギーの小説家。本名 Frédéric van Ermenghem。フランス語で書く。 1920年 H.ミショーとともに雑誌『ディスク・ベール』 Le Disque vertを創刊。幻想的,超自然的なものへの強い関心によって,シュルレアリスムの先駆をなす。代表作『メリュジーヌ』 Mélusine (1920) ,『モレル神』 Moreldieu (1946) ,短編集『幻想的現実』 Réalités fantastiques (1923) など。また心理分析にも興味をもち,半自伝的小説『素朴な者』 Le Naïf (1926) ,『欲望の娘たち』 Les Filles du désir (1930) で青少年期の精妙な描写を試みた。ほかに詩集『前日と翌日の詩』 Poésies de la veille et du lendemain (1932) ,評論『文体と性格』 Le Style et le Caractère (1956) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エランスの関連キーワードフランス共産党

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android