コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリマキトカゲ エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii; frilled lizard

4件 の用語解説(エリマキトカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリマキトカゲ
エリマキトカゲ
Chlamydosaurus kingii; frilled lizard

トカゲ目キノボリトカゲ科。体長 70cm内外。頸のまわりに大きな襟飾りをもち,興奮するとこれを傘のように広げて相手を威嚇する。この襟飾りは開いたときの直径が 20cmぐらいになり,雄が雌を誘惑するのにも使われる (→ディスプレイ ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エリマキトカゲ

アガマ科のトカゲ。黄褐色で,全長75〜90cm,尾はその3分の2ほどを占める。オーストラリア北部とパプア・ニューギニア南部に分布。首の周囲にはえり巻状のひだがあり,興奮したり,ディスプレーの際に大きく広げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エリマキトカゲ【frilled lizard】

特殊な構造の襟飾をもつアガマ科のトカゲ(イラスト)。全長75~90cm,尾はその2/3ほどを占める。オーストラリア北部の熱帯地方とパプア・ニューギニア南部の低地に分布する。最大の特徴は首のまわりに大きなひだ状の襟飾をもっていることである。これは舌骨が長くのびた軟骨の支柱で支えられており,ふだんは肩に垂れているが,脅されるとパラソルのようにいっぱいに広げ直径は30cmにも達し,体が2倍にも大きく見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリマキトカゲ
えりまきとかげ
frilled lizard
[学]Chlamydosaurus kingii

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目アガマ科のトカゲ。オーストラリア北部、ニューギニア島南東部に分布し、低地の森林地帯に生息する。全長75~90センチメートル、尾はその3分の2ほどを占める。頸部(けいぶ)には、舌骨が長く伸びてできた軟骨の支柱に支えられた、大きな襟巻状のひだ飾りがある。普段は肩に垂れているが、興奮するとパラソルのように広げ、直径20~30センチメートルにも達する。襟飾りは体を大きくみせる効果があり、敵に対する威嚇や求愛行動のときに広げるが、広い皮膚面積が体温調節のラジエーター(放熱器)の役割を果たすものとも考えられている。樹上性であるが、降雨のあとなど地上に降りて、大量のアリを含む昆虫類を求める。驚くと後肢だけでかなり長距離を走り、安全な樹上に逃げる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリマキトカゲの関連キーワードアシナシトカゲ特殊自動車襟飾り襟巻蜥蜴木登蜥蜴特科部隊飛蜥蜴ウオータードラゴンモロック蜥蜴アガマ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリマキトカゲの関連情報