コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii; frilled lizard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリマキトカゲ
Chlamydosaurus kingii; frilled lizard

トカゲ目キノボリトカゲ科。体長 70cm内外。頸のまわりに大きな襟飾りをもち,興奮するとこれを傘のように広げて相手を威嚇する。この襟飾りは開いたときの直径が 20cmぐらいになり,雄が雌を誘惑するのにも使われる (→ディスプレイ ) 。樹上性であるが,地上でも昆虫類などの餌を探し,敵から逃げるときには後肢と尾とで立上がって疾走する。オーストラリア北部やニューギニア南部の乾燥地に生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エリマキトカゲ

アガマ科のトカゲ黄褐色で,全長75〜90cm,尾はその3分の2ほどを占める。オーストラリア北部とパプア・ニューギニア南部に分布。首の周囲にはえり巻状のひだがあり,興奮したり,ディスプレーの際に大きく広げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリマキトカゲ【frilled lizard】

特殊な構造の襟飾をもつアガマ科のトカゲ(イラスト)。全長75~90cm,尾はその2/3ほどを占める。オーストラリア北部の熱帯地方とパプア・ニューギニア南部の低地に分布する。最大の特徴は首のまわりに大きなひだ状の襟飾をもっていることである。これは舌骨が長くのびた軟骨の支柱で支えられており,ふだんは肩に垂れているが,脅されるとパラソルのようにいっぱいに広げ直径は30cmにも達し,体が2倍にも大きく見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリマキトカゲ
えりまきとかげ
frilled lizard
[学]Chlamydosaurus kingii

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目アガマ科のトカゲ。オーストラリア北部、ニューギニア島南東部に分布し、低地の森林地帯に生息する。全長75~90センチメートル、尾はその3分の2ほどを占める。頸部(けいぶ)には、舌骨が長く伸びてできた軟骨の支柱に支えられた、大きな襟巻状のひだ飾りがある。普段は肩に垂れているが、興奮するとパラソルのように広げ、直径20~30センチメートルにも達する。襟飾りは体を大きくみせる効果があり、敵に対する威嚇や求愛行動のときに広げるが、広い皮膚面積が体温調節のラジエーター(放熱器)の役割を果たすものとも考えられている。樹上性であるが、降雨のあとなど地上に降りて、大量のアリを含む昆虫類を求める。驚くと後肢だけでかなり長距離を走り、安全な樹上に逃げる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エリマキトカゲの関連キーワードハートリーズクロコダイルアドベンチャーズディスプレー(動物)エキゾチックアニマルジラースリジー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリマキトカゲの関連情報