コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルモーロワ Mariya Nikolaevna Ermolova

2件 の用語解説(エルモーロワの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エルモーロワ【Mariya Nikolaevna Ermolova】

1853‐1928
ロシアソ連邦の女優。1871年帝室劇場学校卒業,モスクワマールイ劇場専属となったが,その才能は悲劇的・英雄的役柄にもっともよく現れ,とくにA.N.オストロフスキーの《雷雨》,シラーの《オルレアンの少女》のごとき,暗黒と不正,圧制と抑圧にたいする抵抗と反逆を歌いあげた古典戯曲において,静謐(せいひつ)のなかに激情をひめた演技によって青年男女の心を揺り動かした。【野崎 韶夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルモーロワ
えるもーろわ
Мария Николаевна Ермолова Mariya Nikolaevna Ermolova
(1853―1928)

ロシアの女優。モスクワのマールイ劇場のプロンプターの娘で、1870年同劇場でデビューし、以来半世紀にわたって活躍する。当り役にオフェリア、マクベス夫人、ジャンヌ・ダルク、『雷雨』のカテリーナなどがあり、その天才的演技はスタニスラフスキーによって「ロシア演劇に時代を画し、女性的で美的なものの象徴である」と絶賛された。1920年、女優としてロシア最初の共和国人民芸術家の称号を受けた。モスクワにエルモーロワ劇場(1937創設)とエルモーロワ博物館(1970開設)がある。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルモーロワの関連キーワードイズベスチヤ落合ソ連プラウダコミソビエトロシアソ連邦ヨーロッパロシアロシア連邦労農ロシア

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone