エルンスト ワイス(英語表記)Ernst Weiss

20世紀西洋人名事典の解説

エルンスト ワイス
Ernst Weiss


1884 - 1940
オーストリアの作家。
ユダヤ系として生まれる。船医として出発し、放浪生活を送った後亡命先のパリで自殺した。小説、戯曲、詩などの作品は表現主義的で、苦渋の色が濃く、フロイトの影響が顕著である。代表作「医者と殺人者」はカミュの「ペスト」を思わせるものがある。カフカの友人として知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android