エルンスト ワイス(英語表記)Ernst Weiss

20世紀西洋人名事典の解説

エルンスト ワイス
Ernst Weiss


1884 - 1940
オーストリアの作家。
ユダヤ系として生まれる。船医として出発し、放浪生活を送った後亡命先のパリで自殺した。小説、戯曲、詩などの作品は表現主義的で、苦渋の色が濃く、フロイトの影響が顕著である。代表作「医者と殺人者」はカミュの「ペスト」を思わせるものがある。カフカの友人として知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android