コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船医 センイ

3件 の用語解説(船医の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐い【船医】

船に乗り組んで、乗組員や乗客の傷病の診療を行う医師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんい【船医】

船に乗り組み、乗客・乗組員などの病気・けがに備える医師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船医
せんい

一般に船内で乗組員や乗客の医療に従事する医師をいう。航海中の船舶は陸上から孤立し、独立した社会を形成しているため、ここで生じた保健問題のすべては船内で処理しなければならない。しかも船員は生活の場と職場とが同一で、変則的な食事と睡眠とを余儀なくされる海上生活の特殊性から、陸上他業種に比べ、災害事故や疾病の発生率が高い。このため、専門的な技術や資格を要する医療については船員法(昭和22年法律100号)で、「3000トン以上で最大搭載人員100名以上の船舶や3000トン以上または100名以上乗員のいる母船式漁船のように、医療の確保がとくに必要な船舶については、船舶所有者が船内にその母港で開設許可を受けた診療所を設け、そこに医師を乗り組ませなければならない」と規定されている。この規定を受けるのが船医である。船医はこのほか、船員の健康管理保健指導、船内の作業環境や居住環境の衛生保持、食料や用水の衛生保持、医薬品その他の整備および点検など、船内の衛生管理に関する業務に従事しなければならない。最近、船舶の大型化、省力化に伴い船員の労働条件は悪化しがちであり、船医の役割はますます大きくなっているが、人件費節減のため、法的に船医の配置を要する船舶対象が削減され、船医の人員は減少傾向にある。しかし大型客船の場合は、乳幼児から老人に至るまで、多数の乗客を長時間収容するため、船医の役割はとみに大きくなった。[春日 齊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船医の関連キーワード乗員乗組員船乗り離船帰船乗組み乗組む乗込む乗慣れる航空機乗組員

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船医の関連情報