コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エロイーズ Héloïse

翻訳|Héloïse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エロイーズ
Héloïse

[生]1098頃
[没]1164.5.15. ノジャンシュールセーヌ近郊
パリのノートルダム大聖堂参事会員フュルベールの姪。 1118年頃当時の著名な神学者,哲学者 P.アベラールを家庭教師としたが,恋に陥り,両者はひそかに結婚して1男をもうけた。怒ったエロイーズの親族によって両者は引裂かれ,アベラールは去勢された。彼はサン・ドニの修道院に,エロイーズはアルジャントゥイユの女子修道院に入ったが,解散したため,アベラールはパラクレトゥス女子修道院を建ててエロイーズに与え,彼女はそこの院長になった。死後アベラールのかたわらに埋葬された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エロイーズ

アベラール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエロイーズの言及

【アベラール】より

…ロスケリヌスとシャンポーのギヨームに学んだのち,1108年ころパリに出て弟子を集め,神学と哲学(弁証術)を教える。ここで起こったエロイーズHéloïseとの相愛事件は有名である。アベラールは1子をもうけたのち彼女を修道院にやり,みずからも去勢されてサン・ドニ修道院に入り,そこで没した。…

※「エロイーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エロイーズの関連キーワードルソー(Jeanアベラールとエロイーズ―愛と修道の手紙ヤーコポ・オルティスの最後の手紙ヤコポ・オルティスの最後の手紙若きウェルテルの悩みさらば、愛の言葉よR. バイヤン新エロイーズフランス文学書簡体小説モントルー安士 正夫恋愛小説エミーン田島令子バイヤンルソー手紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エロイーズの関連情報