エワグリオス・スコラスチコス(英語表記)Euagrios Scholastikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エワグリオス・スコラスチコス
Euagrios Scholastikos

[生]536頃
[没]593頃
ビザンチンの歴史家。アンチオキア出身の弁護士で,チベリウス2世とマウリキウス両帝のもとで要職を占めた。ツキジデスの文体を模範とし,ソクラテスソゾメノス,テオドレトスの『教会史』を継続,431~593年間の『教会史』 Historia ekklēsiastikē (6巻) は5世紀の教義論争の解明には最も重要な史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android