コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エワグリオス・スコラスチコス Euagrios Scholastikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エワグリオス・スコラスチコス
Euagrios Scholastikos

[生]536頃
[没]593頃
ビザンチンの歴史家。アンチオキア出身の弁護士で,チベリウス2世とマウリキウス両帝のもとで要職を占めた。ツキジデスの文体を模範とし,ソクラテスソゾメノス,テオドレトスの『教会史』を継続,431~593年間の『教会史』 Historia ekklēsiastikē (6巻) は5世紀の教義論争の解明には最も重要な史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エワグリオス・スコラスチコスの関連キーワードシルウェリウス安閑天皇テオダハドプロコピウス[カエサレアの]アガペツス1世山本浩二グントラム飛鳥時代不動産利用権赤字国債

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android