エンコウガニ(英語表記)Carcinoplax longimana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンコウガニ
Carcinoplax longimana

軟甲綱十脚目エンコウガニ科 Goneplacidae。甲幅 5cm。紅赤色の美しい種で,大型の雄の鋏脚は甲幅の 4倍に達する。甲面はなめらかで光沢があり,前側縁に,小型個体では 2棘状歯,ほとんどは 2鈍歯をもつが,老成すると歯は不明瞭となる。北海道南部から南シナ海インドを経て南アフリカ共和国沖まで分布し,水深 30~100mの細砂泥底にすむ。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンコウガニ
えんこうがに / 猿猴蟹
[学]Carcinoplax longimana

節足動物門甲殻綱十脚目エンコウガニ科に属するカニ。北海道南部から日本各地、朝鮮半島、東シナ海、インド近海を経て南アフリカ沖まで分布し、内湾や内海の水深30~100メートルの細砂泥底にすむ。甲幅5センチメートルを超える大形種で、十分に成長した雄のはさみ脚(あし)は20センチメートル以上になる。甲の輪郭は左右に丸みを帯びた四角形であるが、甲幅2センチメートルくらいまでの小形個体では前側縁に2本の棘(とげ)状の歯があって別種の感がある。日本各地の湾奥の浅海軟泥底には軟毛で覆われたケブカエンコウガニC. vestitaがすむ。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android