コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンダビー・ランド Enderby Land

世界大百科事典 第2版の解説

エンダビー・ランド【Enderby Land】

南極大陸の新南岩(しんなんいわ)(東経44゜30′)とウィリアム・スコーズビー湾William Scoresby Bay(東経59゜30′)間にあって北方へ突出した陸地(北端のアン岬Cape Annは南緯66゜10′)。1831年2月,イギリスのビスコーJohn Biscoeが発見し,船主のエンダビーの名をつけた。陸地には南方300km付近まで,標高約2000mの山塊が点在する。オーストラリアが領土権を主張している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エンダビー・ランドの関連キーワードクイーンモードランド南極条約昭和基地南極大陸南極

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android