エードゥアルト シュプランガー(英語表記)Eduard Spranger

20世紀西洋人名事典の解説

エードゥアルト シュプランガー
Eduard Spranger


1882.6.27 - 1963.9.17
ドイツの哲学者,教育学者。
元・テュービンゲン大学教授。
ベルリン生まれ。
ライプチヒ、ベルリン大学の教授を経て、第二次世界大戦後はテュービンゲン大学教授を務めた。恩師ディルタイの哲学に影響を受け、歴史主義と生の哲学の流れを汲み、主著「生の形式」(1920年)において、人間類型を理論的、経済的、審美的、社会的、宗教的、権力志向的の六つに類型化し、それらに応じた文化領域を定義した。また、心理学を基盤に文化哲学、教育哲学を構築するなど教育学の文野にも大きな業績を残した。著書はほかに「青年の心理」(’24年)、「たましいの魔術」(’47年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エードゥアルト シュプランガー

生年月日:1882年6月27日
ドイツの哲学者,心理学者,教育学者
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android