コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーベルハルト エーベルハルトEberhard, Johann August

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーベルハルト
Eberhard, Johann August

[生]1739.8.31. ハルベルシュタット
[没]1809.1.6. ハレ
ドイツ啓蒙期の哲学者,辞書編集者。ライプニッツ,ウォルフなどの影響を受けたが,抽象的思弁を批判して経験に基づく美学,倫理学を研究。主著"Allgemeine Theorie des Denkens und Empfindens" (1776) ,"Synonymisches Handwörterbuch der deutschen Sprache" (1802) ,"Theorie der schönen Künste und Wissenschaften" (83) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エーベルハルトの関連キーワード狩猟の館ファボリオーテイオアン ホーレンダールートヴィヒスブルク城ルートウィヒスブルクシュワーベン都市同盟ハインリヒ(1世)コンラート(1世)ブルーノ ホフマンコスチンスキー効果テュービンゲン大学ウュルテンベルクエバーハード効果オットー(1世)11月18日12月11日ロイヒリンギンガー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android