オイネウス(英語表記)Oineus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイネウス
Oineus

ギリシア神話の英雄。カリュドンの王で,ディオニュソスより最初にぶどうの栽培を教えられ,できた酒を自分自身の名にちなみオイノスと命名したという。アルタイアと結婚し,有名なカリュドンの猪狩の主人公メレアグロスをはじめとする息子たちと,ヘラクレスの妻となったデイアネイラなどの娘たちをもうけた。彼の治世に行われたこの狩りの最中の事故が原因で,アルタイアがメレアグロスを殺したうえで自害して果てると,ペリボイアを後妻にめとり,テーベ攻めの7将の一人テュデウスを生ませ,トロイ戦争の英雄ディオメデスの祖父となったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオイネウスの言及

【メレアグロス】より

…〈カリュドンの猪狩り〉で有名なギリシア伝説の英雄。アイトリア地方のカリュドン王オイネウスOineusとアルタイアAlthaiaの子。彼については二様の伝承があり,ホメロスの《イーリアス》には次のように語られている。…

※「オイネウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android