コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイネウス オイネウスOineus

1件 の用語解説(オイネウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイネウス
オイネウス
Oineus

ギリシア神話の英雄。カリュドンの王で,ディオニュソスより最初にぶどうの栽培を教えられ,できた酒を自分自身の名にちなみオイノスと命名したという。アルタイアと結婚し,有名なカリュドンの猪狩主人公メレアグロスをはじめとする息子たちと,ヘラクレスの妻となったデイアネイラなどの娘たちをもうけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオイネウスの言及

【メレアグロス】より

…〈カリュドンの猪狩り〉で有名なギリシア伝説の英雄。アイトリア地方のカリュドン王オイネウスOineusとアルタイアAlthaiaの子。彼については二様の伝承があり,ホメロスの《イーリアス》には次のように語られている。…

※「オイネウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone