コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバミゾホオズキ Mimulus sessilifolius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオバミゾホオズキ
Mimulus sessilifolius

ゴマノハグサ科多年草。本州中部地方以北の日本海側,北海道,南千島サハリンに分布し,普通,細長い地下茎を伸ばして山間の湿地群落をつくる。茎は方形で直立し高さ 10~30cmになり,葉を対生する。葉は卵形または卵円形で柄がなく,長さ 2.5~6cm,幅1~3cm,縁にあらい鋸歯がある。7~8月,茎の上部葉腋に細長い柄をもつ花を1個つける。花冠は黄色,筒形で,上部が浅く5裂する。花筒内には4本のおしべがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバミゾホオズキ
おおばみぞほおずき / 大葉溝酸漿
[学]Mimulus sessilifolius Maxim.

ゴマノハグサ科の多年草。茎は軟弱で直立し、高さ20~30センチメートル。葉は無柄。卵形で長さ3~6センチメートル。夏、上部の葉の腋(わき)ごとに黄色の花をつけ、花冠は筒状で先は5裂する。果実は袋状に肥大した萼(がく)に包まれる。本州中部地方以北、北海道、樺太(からふと)(サハリン)の深山の水湿地に生える。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオバミゾホオズキの言及

【ミゾホオズキ】より

…基本変種はヒマラヤから中国大陸に分布している。本州中部以北の日本海側の亜高山湿地から北海道,南千島やサハリンには茎が直立してほとんど分枝しないオオバミゾホオズキM.sessilifolius Maxim.が分布している。 ミゾホオズキ属Mimulus(英名monkey flower)は約100種が知られているが,その大部分がアメリカ大陸に分布し,東アジアに少数種がある。…

※「オオバミゾホオズキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオバミゾホオズキの関連キーワードミムルス山崎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android