オゴタイ・ハーン国(読み)オゴタイハーンこく(英語表記)Ögödei ulus

世界大百科事典 第2版の解説

オゴタイハーンこく【オゴタイ・ハーン国 Ögödei ulus】

オゴタイが自分の分封地を基礎に開いたモンゴル帝国内の一国。1224か1218‐1310年。チンギスハーンの子弟分封の結果,オゴタイタルバガタイ山脈の南,アラ・クル湖に流入するイミール川流域とその周辺のステップを領有し,イミール河畔にイミールという都城を築き,ハーン国の首都とした。オゴタイとその子グユクがあいついで帝国のハーン位についたのちトゥルイ家のモンケが大権を握ると,オゴタイ家の多くの者を謀反の罪で処刑し,軍隊を没収し,何人かに対してのみオゴタイ家領内に分地を与え,軍隊の保有を許した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android