コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゴタイ・ハーン国 オゴタイハーンこくÖgödei ulus

世界大百科事典 第2版の解説

オゴタイハーンこく【オゴタイ・ハーン国 Ögödei ulus】

オゴタイが自分の分封地を基礎に開いたモンゴル帝国内の一国。1224か1218‐1310年。チンギス・ハーンの子弟分封の結果,オゴタイはタルバガタイ山脈の南,アラ・クル湖に流入するイミール川流域とその周辺のステップを領有し,イミール河畔にイミールという都城を築き,ハーン国の首都とした。オゴタイとその子グユクがあいついで帝国のハーン位についたのちトゥルイ家のモンケが大権を握ると,オゴタイ家の多くの者を謀反の罪で処刑し,軍隊を没収し,何人かに対してのみオゴタイ家領内に分地を与え,軍隊の保有を許した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オゴタイ・ハーン国の関連キーワードチャガタイ・ハーン国オゴタイ・ハーンアルタイ[山脈]オゴタイ・ハーン四ハーン国世祖(元)元(王朝)ハイドゥ