コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシュバリク Bishbalik

世界大百科事典 第2版の解説

ビシュバリク【Bishbalik】

中国の新疆ウイグル(維吾爾)自治区,ボグドオーラ山系の北麓にあったオアシスの名。トルコ語で〈五つの町〉(五城)の意。〈別失八里〉の漢音訳でも知られる。8~14世紀ころ,チベットなどとの抗争期を含むウイグル~モンゴル時代にこの名のもとで栄えた。13世紀の20年代,この地を訪れた丘処機は,その著《長春真人西遊記》にウイグル王の部族からブドウ酒による歓待をうけた模様を記し,当地の漢人の僧侶,道士儒者座談を行い,仏寺竜興西寺を訪れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビシュバリク
びしゅばりく
Bi balq

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、東部天山山脈北麓(ほくろく)にあった城塞(じょうさい)都市。トルコ語で「五つの城市」を意味し、突厥(とっけつ)碑文に初めて現れる。唐代の史書には「五城」、後代には「鼈思馬」「別失八里」「別石把」などと記された。唐の支配のあと、トルコ系諸族が移住し、9世紀後半以後西ウイグル国の一中心となって元(げん)初まで栄えた。長春真人(ちょうしゅんしんじん)などの旅行者が記録を残している。この城市を、現在のジムサル県城北十数キロメートルの護堡子(ごほし)の破城である唐の庭州、後の北庭都護府に比定する説が有力で、清(しん)代中期には唐・元の残碑が発見されている。近年の調査では外城、子城、延城、内城、小城が確認され、「蒲類(ほるい)州之印」ほかの唐代文物、元代に属すといわれる陶器・瓷器(じき)も出土している。[片山章雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビシュバリクの関連キーワードバスミル(抜悉密)李達(中国、明)カプガン・ハガンモンケ(蒙哥)西ウイグル王国中央アジア史沙陀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android