フビライ

精選版 日本国語大辞典の解説

フビライ

(Khubilai) 蒙古帝国の第五代皇帝(在位一二六〇‐九四)で元朝の初代皇帝(在位一二七一‐九四)。廟号は世祖。ジンギスカンの孫。大都(北京)を都として国号を元とし、一二七九年、南宋を滅ぼして中国を統一した。金・宋にならって中央集権体制を確立し、一方ではカンボジア・ビルマ(現ミャンマー)などを征し、また日本征服を企てるなど帝国の版図拡大に努めた。漢名忽必烈。クビライ。(一二一五‐九四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフビライの言及

【元】より

…憲宗没後の空位の時期に乗じてついにそれは現実化した。憲宗治下の9年間を通じて漢地総督に任ぜられていた諸王フビライが漢地勢力をバックにまず第5代ハーンに自立するや,これに呼応するかのごとく西北3ウルスがソグディアナ占拠に続いてオゴタイ家のハイドゥ・ハーンを擁立した。その成立よりまさに半世紀,大帝国はついにここに分裂する。…

【世祖】より

…モンゴル帝国第5代のハーン(汗)として即位したが,治世中に生じた帝国の分裂の結果,中国を中心とする東アジアに拠って元朝の創設者となる。名はフビライKhubilai。世祖とはその廟号,モンゴル語での尊号はセチェン・ハーン。…

【チンキム】より

…中国,元の世祖フビライの次子。母はオンギラト氏チャブイ皇后。…

【モンゴル襲来】より

…蒙古襲来,蒙古合戦,元寇,また文永・弘安の役ともいう。
[日蒙交渉]
 1266年8月,モンゴルのフビライ・ハーンは日本と通好するために日本招諭の国書を草した。これは68年1月に日本へもたらされ,鎌倉幕府を経て朝廷へまわされた。…

【モンゴル帝国】より

…第2代のオゴタイ・ハーンは,34年に金朝を討滅し,36‐42年にバトゥにヨーロッパ遠征を行わせ,これらの結果,華北とロシアを版図に加えた。第4代のモンケ・ハーンは,52年にフレグに西征させ,イスマーイール教国とアッバース朝を滅ぼし,イラン・イラク方面を領土に加え,フビライに大理国を滅ぼさせて雲南を支配下に入れ,チベットを招降させ,別に高麗を属国化し,南宋征討を開始した。南宋征服は元朝の世祖フビライによって79年に達成され,こうしてモンゴル帝国は古今未曾有の大版図をもつ国家となった。…

※「フビライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フビライの関連情報