コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オストラコン ostrakon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オストラコン
ostrakon

古代エジプト人,ギリシア人ヘブライ人によって書簡,計算などに使用された陶片あるいは石灰岩ギリシア語の陶片あるいは貝殻を意味するオストラコン (複数はオストラカ ostraka) が語源。古代エジプトではパピルスの代りに一般に用いられた陶片あるいは石灰岩の剥片をさし,書簡や計算書,学習のための練習,詩や文章の一部などをヒエラティック (神官文字) ,デモティック (民衆文字) ,ギリシア語で記した。また絵画や浮彫の習作や戯画なども描かれ,新王国時代 (前 1567~1085頃) からローマ時代にかけて使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オストラコン(ostracon)

古代において、一般に文書として用いられた土器片。
特に、古代ギリシャで、オストラシズムに用いられた陶片。→オストラシズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオストラコンの言及

【オストラカ】より

…陶片の意。単数形はostraconで,ギリシア語のostrakonから出た語。とくに古代ギリシアで,支配者の専横を防ぐための投票に用いられた陶片をさす(オストラキスモス)。また,美術史では,壺の破片などにパピルスの代用として文字や絵を描いた小型の作品をいう。古代エジプトにその例が多く,絵画史,風俗史の貴重な資料である。転じて,石灰岩片に描かれたものもこの名で呼ぶ。【友部 直】…

※「オストラコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オストラコンの関連キーワードオストラキスモスデルエルマディナエジプト学イドフ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オストラコンの関連情報