コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスロ協定 オスロきょうてい Oslo Protocol

2件 の用語解説(オスロ協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスロ協定
オスロきょうてい
Oslo Protocol

1930年スカンジナビア3国 (デンマークノルウェースウェーデン) が,ノルウェーの首都オスロ保護貿易の高まりという世界的風潮に対応して,関税率の低減,外国との貿易促進に一致した行動をとることを決めた議定書。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オスロ協定【オスロきょうてい】

1932年スウェーデン,ノルウェー,デンマーク,フィンランドベルギーオランダルクセンブルクの7ヵ国が締結した協定。世界大恐慌に伴う経済危機に直面した小国の利益を守るための経済協力を目的とし,政治的中立維持問題をも扱ったが,第2次大戦が起きて無力化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

オスロ協定の関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団クローネ(Krone)ノルウェー・クローネスウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone