オスロ協定(読み)オスロきょうてい(英語表記)Oslo Protocol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスロ協定
オスロきょうてい
Oslo Protocol

1930年スカンジナビア3国 (デンマークノルウェースウェーデン) が,ノルウェーの首都オスロで保護貿易の高まりという世界的風潮に対応して,関税率の低減,外国との貿易促進に一致した行動をとることを決めた議定書

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オスロ協定【オスロきょうてい】

1932年スウェーデン,ノルウェー,デンマーク,フィンランドベルギーオランダルクセンブルクの7ヵ国が締結した協定。世界大恐慌に伴う経済危機に直面した小国の利益を守るための経済協力を目的とし,政治的中立維持問題をも扱ったが,第2次大戦が起きて無力化した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android