コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッペケペー オッペケペー

2件 の用語解説(オッペケペーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッペケペー
オッペケペー

明治 20年代 (1887~96) に流行した当時の政治,文明開化の世相を風刺するオッペケペー節のこと。「権利,幸福嫌いな人に,自由湯をば飲ましたい」などと,鉢巻,陣羽織,軍扇という格好で川上音二郎が,寄席や自分の書生芝居の幕間に歌ったのが初め。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オッペケペー
おっぺけぺー

明治中期に壮士芝居川上音二郎が演じた一種の流行歌。後ろ鉢巻に緋(ひ)の陣羽織、滝縞(たきじま)の木綿の袴(はかま)という衣装をつけ、日の丸の軍扇をかざして威勢よく歌ったという。1888年(明治21)末に神戸の楠公(なんこう)神社付近の寄席(よせ)で大切(おおぎり)に演じたのが最初といわれるが確かではない。川上が90年、91年に上京して興行した際には中幕に演じて人気を博し、以来、彼の名はオッペケペー節とともに劇界に定着した。歌詞のほとんどは若宮万次郎の作といわれる。「権利幸福嫌ひな人に、自由湯(じゆうとう)をば飲ませたい」とか、「洋語を習ふて開化ぶり、パン喰(く)ふばかりが改良でない」というような文句のあとに、「オッペケペ、オッペケペッポー、ペッポッポー」とつけてある。ほかに「米価騰貴(とうき)の今日に、……芸者幇間(たいこ)に金を蒔(ま)き、内には米を倉に積み、同胞兄弟見殺しか」などの時局を風刺するものが多かったが、「国会ひらけた暁に、役者がのろけちゃいられない。……目玉をむくのがお好きなら、狸と添ひ寝をするがよい」という旧劇批判もあった。[松本伸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オッペケペーの関連キーワード伊藤柳荘藤堂高俊馮鏡如藤田春梢女公爵彩りとやま緑化祭'96小川文斎(2代)頓成前田漾子りゅうたん

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オッペケペーの関連情報