オデッサ州(読み)オデッサ(英語表記)Odessa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オデッサ〔州〕
オデッサ
Odessa

ウクライナ南部の州。州都オデッサ。黒海に面し,黒海沿岸平原と北西部のポドリスク丘陵から成る。標高 200m以下の低平な土地が広がり,黒海沿岸にはドネストル川河口の潟をはじめ,多くの潟がある。南はドナウ川をへだててルーマニアと相対する。乾燥気候で,年降水量は 300~450mm。ステップ地帯に属するが,丘陵には広葉樹林がみられる。住民はウクライナ人のほかロシア人,モルドバ人など。重工業と食品工業の発達した州で,オデッサを中心としてイズマイールコトフスクなどの都市に立地している。肥沃な黒土地帯にあるので,農業が発達し,ウクライナの穀倉の一つといわれ,コムギ,トウモロコシ,テンサイなどの栽培が盛ん。ドネストル川左岸の丘陵ではブドウ栽培が行われる。畜産ではウシ,ヒツジの飼育が行われ,ドナウ川,黒海で漁業が盛んである。キシニョフ,キエフに通じる鉄道が通り,ドネストル川,ドナウ川で河川交通が,オデッサ港,イリイチョフスク港により海上交通が発達している。面積3万 3300km2。人口 263万 5300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オデッサ州の関連情報