コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドリバエ dance‐fly

2件 の用語解説(オドリバエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オドリバエ【dance‐fly】

双翅目オドリバエEmpididaeに属する昆虫の総称(イラスト)。アブ科,ムシヒキアブ科などと同じく,短角亜目に属する小型ないし大型の昆虫。独特の配偶行動を行い,交尾の際に多数の個体が一定の空間に集まって群飛し,相手をさがす。この行動は,aerial dance(空中舞踊)と呼ばれ,それぞれの種ごとに特有の形式をもっている。世界中に広く分布し,とくに温帯,寒帯の森林に多く見られる。日本には10属1000種以上生息していると推定されているが,そのほとんどは未研究である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オドリバエ
おどりばえ / 舞蠅・踊蠅・舞踏蠅
dance fliesempids

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群オドリバエ科Empididaeの昆虫の総称。体長1ミリメートルほどの微小種から最大15ミリメートルまでの種が含まれる大きな科である。体は細長く、頭部は小さくてほぼ球状、雄は合眼的、雌は離眼的。口吻(こうふん)は種類によって長短がある。胸部には通常短い刺毛列がある。はねはよく発達し、活発に飛翔(ひしょう)し、とくに生殖時の配偶行動中は群飛するので、和洋ともそれに由来して名づけられた。まれではあるが、はねの退化した種や無翅の種もある。脚(あし)は細いがよく発達し、一般に後脚は長い。前脚がカマキリ同様の捕獲脚の種もある。雄の交尾器は大形で、特徴の発現が顕著なので分類学上重要視される。性的二型の発達はとくに雌で著しく、はねの全形、翅脈相、中脚や後脚の腿節(たいせつ)や脛節(けいせつ)に現れるものが多い。幼虫は細長い円筒状で、頭部はとがっている。土中、腐植物中、蘚苔(せんたい)中に生息するもののほか、湿潤地や水中に生育する種類もある。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オドリバエの関連情報