コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オバラウ島 オバラウとうOvalau Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オバラウ島
オバラウとう
Ovalau Island

南太平洋中部,フィジーに属する島。ビティレブ島の東方に位置する。東岸にある港町レブカは 1822年アメリカ人が入植し,1861~65年の南北戦争のさなかには,混乱するアメリカ合衆国に代わり綿作の中心地であった。1874年にフィジーがイギリス領になると,1882年スバに遷都されるまで首都となった。近年はマグロ漁業の拠点で,冷凍工場がある。またコプラ,バナナを輸出する。2013年レブカが世界遺産の文化遺産に登録された。人口 6500。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オバラウ‐とう〔‐タウ〕【オバラウ島】

Ovalau》フィジー諸島の島。ビチレブ島東岸より20キロメートル東に位置する。中心地は南東岸にある旧首都レブカ火山性の島で、中央部のカルデラ内にロボニという村がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オバラウ島の関連キーワードレブカ歴史的港町

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android