コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフェイロン オフェイロン O'Faolain, Sean

2件 の用語解説(オフェイロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフェイロン
オフェイロン
O'Faolain, Sean

[生]1900.2.22. コーク
[没]1991.4.20. ダブリン
アイルランドの小説家。伝記作家としても有名。『連れなき鳥』 Bird Alone (1936) ,『エリンへの帰り』 Come Back to Erin (40) ,『偉大なるオニール』 The Great O'Neill (42) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オフェイロン
おふぇいろん
Sean O'Faolain
(1900―1991)

アイルランドの小説家で短編の名手。巡査の子としてコークで生まれた。アイルランド独立運動に参加したのちアメリカに渡り、1926年から3年間ハーバード大学で学ぶ。革命運動の体験から生まれた短編集『真夏の夜の狂気』(1932)で認められ、1933年故国に戻り、文筆生活に入った。アイルランドのまやかしの宗教性、島国文化を批判し、ナショナリストの挫折(ざせつ)を予言して風刺的な傾向を強めたために故国では不評を買った。代表作『素朴な人々の住処(すみか)』(1933)のほか『ダニエル・オコンネル伝』(1938)などがある。[小野寺健]
『風呂本武敏・風呂本惇子訳『ある善人の結末』『壊れた世界』(『現代アイルランド短編小説集』所収・1978・公論社) ▽井勢健三訳『谷間の静寂』(『現代アイルランド短篇集』所収・1993・あぽろん社) ▽小野寺健訳『確実な人生』(『20世紀イギリス短篇集』所収・岩波文庫) ▽橋本槙矩訳『アイルランド――歴史と風土』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフェイロンの関連キーワードコークス炉ガスコークスコークスクリューコーナーワークウエストコークエコー・パークラムコークニトログリコール半成コークスジャーコーク (jar calk)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オフェイロンの関連情報