コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブラスツォフ Sergei Vladimirovich Obraztsov

2件 の用語解説(オブラスツォフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オブラスツォフ【Sergei Vladimirovich Obraztsov】

1901‐92
ソ連邦の人形劇の演出家,俳優,作家。著名な鉄道学者V.N.オブラスツォフ(1874‐1949)の息子。はじめ美術学校で絵画を学び,在学中の1918年から俳優としてモスクワ芸術座音楽スタジオ(1926年にダンチェンコ音楽劇場と改称),30年から36年まで第2モスクワ芸術座の舞台に立った。そのかたわら1920年から人形劇の公演をおこない,31年にモスクワの児童芸術教育会館付属人形劇団を創設し,各地で公演し好評を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オブラスツォフ
おぶらすつぉふ
Сергей Владимирович Образцов Sergey Vladimirovich Obraztsov
(1901―1992)

ロシアの人形劇の指導者、演出家、俳優。著名な鉄道学者ウラジーミル・ニコラエビチ・オブラスツォフ(1874―1949)の息子として生まれる。最初絵画を学び、また俳優としてモスクワ芸術座などの舞台に立った。1931年に人形劇団を創設、37年にはモスクワに中央人形劇場を開設した。子供向けと大人向けのそのレパートリーは豊富で、併設の人形博物館とともにモスクワの名所になっている。人形劇の理論と方法に関する著述も多く、舞台装置と人形操作に新機軸を生み出した。[中本信幸]
『オブラスツォーフ著、大井数雄訳『人形劇――私の生涯の仕事』『続・人形劇――私の生涯の仕事』(1979、1984・晩成書房) ▽オブラスツォーフ著、大井数雄訳『人形劇とはどういうものか』(1981・晩成書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オブラスツォフの関連キーワードシャルルビルメジエールソ連人形劇人形遣いソ連邦人形振り絡繰り人形川尻泰司南江治郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone