コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヨギピンノ Tritodynamia horvathi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヨギピンノ
Tritodynamia horvathi

軟甲綱十脚目オサガニ科 Macrophthalmidae。コウダカヨコナガとも呼ばれるが,東京湾相模湾沿岸ではサバガニ,有明海地方ではミロクガニという。甲は幅 1.5cmほどで,前方のややせばまった横長の四角形。前 3対の歩脚は長く,長毛で縁どられていて泳ぐのに役立つ。泥底のフサゴカイの生管にすみついている。ときに大群をなして水面近くを群泳するが,その生態的な意味は明らかではない。東京湾,瀬戸内海,有明海で群泳が観察されており,そのほか中国のポー(渤)海,大韓民国(韓国)のチンヘ(鎮海)湾からも報告されている。オヨギピンノ属は日本から中国にかけて 9種が知られているが(日本産は本種とオオヨコナガピンノ T. japonica),近年の研究によってカクレガニ科 Pinnotheridaeからオサガニ科に移された。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オヨギピンノの関連キーワード甲類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android