コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランダ通詞 オランダつうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ通詞
オランダつうじ

江戸時代,オランダとの貿易事務において通訳と税関吏とを兼ねた役人。初め平戸におかれ,寛永 17 (1640) 年以後長崎に移った。明暦2 (56) 年,大通詞,小通詞の階級を,元禄9 (96) 年にはオランダ通詞目付をおくなど階級,組織が整備され,1人の目付の下に大通詞,小通詞,小通詞助,小通詞並,小通詞末席,稽古通詞,内通詞などがそれぞれ若干名ずつおかれ,その数は幕末には約 140人に達した。通詞は世襲で,西,志筑,吉雄,本木,楢林などの諸家は有名 (→志筑忠雄 , 本木良永 , 森山多吉郎 ) 。最初は通訳だけに限られ,洋書を読むことは禁じられていたが,享保年間 (1716~36) 頃から緩和され,オランダ商館の医師について西洋の諸科学の知識を得,洋学輸入の先駆となったものも多い。オランダ人は通詞のことを tolkといい,通詞仲間のことを tolkencollegieと称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オランダ‐つうじ【オランダ通詞】

江戸時代、長崎でオランダとの貿易や外交に通訳を務めた人。蘭通詞

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダ通詞
おらんだつうじ

江戸時代、オランダとの交渉にあたった通訳。近世初期にはポルトガル語が広く用いられ、通詞のオランダ語の能力は不十分だったが、鎖国以後しだいに学力が向上し、のちには蘭学(らんがく)の研究に従事する者もあった。通詞は名村、楢林、吉雄(よしお)など三十数家で世襲とされ、稽古(けいこ)通詞、小通詞、大通詞の順に昇進したが、のちには細分化して13段階となり、幕末には通詞の総数は約140人となった。通詞会所は出島(でじま)内にあり、当番1~2名が昼夜詰め、また江戸番通詞は商館長の参府に同行した。通詞の役料はそれほど多くなかったが、輸入品の仲介により、多額の収入を得ていた。[永積洋子]
『片桐一男・服部匡延校訂『年番阿蘭陀通詞史料』(1977・近藤出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオランダ通詞の言及

【通事∥通詞】より

…江戸時代の長崎の地役人で通訳官。一般に通事は中国語の唐通事を,通詞はオランダ通詞を指した。ともに通訳業務のほか,諸法令の伝達執行,貿易品の評価や日本側役人として取引折衝にあたり,貿易改革などについての意見上申,外国人や出入商人の管理統制にもあたる商務官でもあった。…

※「オランダ通詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オランダ通詞の関連キーワード長崎県長崎市江戸町長崎県長崎市万才町通事・通詞・通辞唐通事会所日録長崎の活版印刷大通事・大通詞小通事・小通詞オランダ風説書香山栄左衛門石橋助左衛門本木庄左衛門今村源右衛門マクドナルド立石得十郎今村市兵衛立石斧次郎江戸ハルマ吉雄忠次郎異人恐怖伝名村三太夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オランダ通詞の関連情報