コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランニェ=ナッサウ家 オランニェ=ナッサウけOranje-Nassau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランニェ=ナッサウ家
オランニェ=ナッサウけ
Oranje-Nassau

オランダ王室の家系。15世紀に南フランスのオランジュオランダ語でオランニェ)公領が相続関係によってドイツのナッサウ家に継承されて,オランニェ=ナッサウ家となる。オランニェ公ウィレム1世ハプスブルク家に仕えてホラント,ゼーラントの総督を務めたが,オランダ独立戦争を指導して,オランダ(ネーデルラント)連邦共和国成立の基礎を築いた。1688年名誉革命に際しては,ウィレム3世が姻戚関係から招かれてウィリアム3世としてイングランドの王位についた。1815年ウィーン会議でオランダ王国が成立すると,ウィレム6世が王位につき,あらためてウィレム1世と称した。ベアトリクス女王は 6代目。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オランニェ=ナッサウ家の関連キーワード民主派[オランダ]ナッサウ公国オランニェ党

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android