オリンピコ座(読み)オリンピコザ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリンピコ座
おりんぴこざ
Teatro Olimpico

北イタリア、ビチェンツァに現存する世界最初の近代的劇場。ルネサンス後期の大建築家アンドレア・パッラディオにより設計、着工され、その死後、弟子ビンチェンツォ・スカモッツィが1584年に完成した。古代ローマの劇場を模して、その様式を屋内に取り込み、半円形、階段状をなす950の観客席と長方形の舞台を備えた。舞台の背壁には中央に大きなアーチ門を設け、正面および左右の後方に延びる放射状街路、さらにアーチ門の左右に等間隔にそれぞれ後方に開く街路を配し、遠近法に則した奥行のある舞台構造を創造した。古典悲劇の上演を目的として完成されたこの典型的な劇場は、演劇史のみならず、建築史のうえでも画期的な意義をもった。[赤沢 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android