オルドバイ

百科事典マイペディアの解説

オルドバイ

アフリカタンザニア北部の山峡にある世界最古の前期旧石器時代の遺跡。英国のリーキーによって1959年ジンジャントロプス・ボイジイ,1961年にホモ・ハビリスの化石人類の骨が100体以上も発見された。またカバ,ワニ,魚などの化石とともに,礫(れき)の一端をあらく打ち欠いたチョッパー旧石器)が発見され,道具を使用した最古の人類の遺跡の一つとされている。
→関連項目アフリカジンジャントロプスタンザニアリーキーンゴロンゴロ保全地域

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のオルドバイの言及

【猿人】より

…なお,古く1940年代,50年代に記載されたアジア(ジャワおよび中国南部)の人類化石中に,がんじょうな猿人のものにあたるとされる化石があるが,異論もあり,断片的な化石でもあることから,確認しえない。
[ハビリス人]
 1964年,L.リーキーらがタンザニアのオルドバイ(旧称オルドワイ)からの化石にもとづいて,ホモ・ハビリスの学名で記載して以来,主として東アフリカで化石が知られ,南アフリカからも出土が示唆されている。比較的保存がよく,有名になっているものとして,1970年代にトゥルカナ湖東部で発見され,R.リーキーによって報告されたKNM‐ER‐1470(ケニア国立博物館の資料番号)頭骨があり,よく1470頭骨と略称されている。…

※「オルドバイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android